「Welcome to ParadiZe」、2024年2月29日にリリース予定のゾンビサバイバルアクションゲーム。プレイヤーはゾンビの行動をプログラムして基地を築き、管理します。

「Welcome to ParadiZe」、2024年2月29日にリリース予定のゾンビサバイバルアクションゲーム。プレイヤーはゾンビの行動をプログラムして基地を築き、管理します。

ゾンビサバイバルアクションゲーム『Welcome to ParadiZe』が、ついに2024年2月29日に発売が決定しました。この待望のゲームは、倒したゾンビの行動をプログラムし、基地を設営・管理する新しいジャンルのゲームで、その魅力について詳しくご紹介します。

『Welcome to ParadiZe』は、ゾンビアポカリプスの世界で生き抜くプレイヤーたちに、新しいゲームプレイの体験を提供します。このゲームの最大の特徴は、ゾンビを倒した後、そのゾンビの行動をプログラムできることです。これにより、プレイヤーはゾンビの力を自分の戦力として利用し、基地の安全を守るための戦略的な選択を行うことができます。

ゲームプレイの特徴として、以下のポイントを挙げてみましょう:

  1. ゾンビプログラム:ゲーム内で倒したゾンビは、プレイヤーが設定したプログラムに従って行動します。例えば、特定のエリアでの見回り、基地の防御、資源の採取など、多くのカスタマイズオプションが用意されています。プレイヤーの戦略に合わせて、ゾンビたちを協力者として活用しましょう。
  2. 基地の設営と管理:ゲーム内では、生存のために基地を建設し、管理しなければなりません。資源の調達や基地の増強、生存者の配置など、基地運営には慎重な計画とリーダーシップが求められます。ゾンビを味方にできるだけの防衛施設を構築し、基地を守り抜くことが鍵となります。
  3. リアルタイム戦略:ゾンビの行動プログラムや基地の設営はリアルタイムで行われ、予期せぬ出来事が発生することもあります。プレイヤーは常に状況を見極め、即座に対策を講じる必要があります。戦略の変更や新たなプログラムの実行によって、プレイヤーの生存率が大きく左右されます。
  4. ストーリーテリング:『Welcome to ParadiZe』は豊かなストーリーテリングが特徴で、プレイヤーはキャラクターとの関係を築きながら、ゾンビアポカリプスの謎を解明していきます。ストーリーの進行に応じて、新たなプログラムや能力の解除があり、プレイヤーの成長が感じられます。

ゲームのテクニックや戦略についても、いくつかのヒントを共有しましょう:

  1. リソースの管理:資源の調達や使用は非常に重要です。基地の生存者が必要な食料や医薬品にアクセスできるように、リソースの適切な管理を心がけましょう。
  2. ゾンビプログラムの戦術:ゾンビの行動プログラムを適切に設定し、基地の防衛を強化しましょう。一部のゾンビを見回りに、一部を防御に配置するなど、バランスの取れたアプローチが重要です。
  3. 新しいアビリティの獲得:ストーリーの進行に応じて新しいアビリティやアイテムが手に入ります。これらを戦略的に活用して、生存率を向上させましょう。
  4. 常に警戒:ゾンビアポカリプスの世界では、危険が随所に潜んでいます。基地を拡張し、ゾンビの脅威に対抗しながらも、周囲の状況を確認し続けることが不可欠です。

『Welcome to ParadiZe』は、新しいゾンビサバイバルアクションゲームの基準を確立することでしょう。ゾンビを味方にし、基地を守り抜く緊張感あふれるゲームプレイは、プレイヤーを魅了し、新たな戦略的ゲーム体験を提供します。2024年2月29日の発売を楽しみに待ちましょう。

 

2024年2月29日に、ゾンビサバイバルアクションゲーム「Welcome to ParadiZe」が発売予定。ゾンビを倒した後、彼らの行動をプログラムし、基地を築いて管理します。

3gooは、サバイバルアクションRPG『Welcome to ParadiZe』(ウェルカム トゥ パラダイズ)プレイステーション5版を、2024年2月29日に発売する。

本作は、文明が滅びゾンビだらけとなった“ParadiZe”を生き延びるオープンワールド・ゾンビサバイバルゲームだ。開発は過去に『How to Survive』を製作したフランスのEko Software社が担当している。

最大の特徴はゾンビを倒してハッキングヘルメットを被せることで、“ゾンボット”として仲間にできる点。ゾンビとの戦闘はもちろん、基地の建設や管理などさまざまな仕事を任せられる。ゾンビを仲間に愉快なパラダイス生活を送ろう。

『Welcome to ParadiZe』プレイステーションストアページ

以下、リリースを引用

ゾンビが仲間になるオープンワールド・サバイバルゲーム PlayStation5版『WelcometoParadiZe』2024年2月29日発売決定

倒したゾンビを“プログラム”するゾンビサバイバル『Welcome to ParadiZe』が2024年2月29日発売決定。『How to Survive』開発スタジオの最新作

株式会社3goo(サングー)(本社:東京都渋谷区、代表取締役:ディ・コスタンゾニコラ)は、本日10月26日、文明が滅びゾンビだらけとなった地「ParadiZe」を舞台にゾンビの群れから生き延びるサバイバルアクションRPG『Welcome to ParadiZe』 (ウェルカム トゥパラダイズ)PlayStation5版を世界同日の2024年2月29日にリリースすることを発表しました。

実績のある開発スタジオが手掛ける本作は、ゾンビが溢れかえった終末世界で生き残るためにプレイヤーはゾンビを仲間にして、基地の設営や資源集めをしながら「ParadiZe」の謎を解明していきます。PlayStation5版『Welcome to ParadiZe』は、10月27日より全国のゲーム取扱店、オンラインショップにて予約受付を開始します。

アナウンストレーラーでは廃墟と化した「ParadiZe(パラダイズ)」でプレイヤーが生き残る為にさまようゾンビに銃や近接武器で立ち向かったり、防衛基地の設営や仲間にしたゾンボットがゾンビと戦闘している様子が確認できます。最後には巨大な象のゾンビがプレイヤーの前に立ちはだかります。

PlayStation Store の「欲しいリスト」追加はこちらから

ゲームの主な特徴

実績のあるスタジオ開発:オープンワールド・ゾンビサバイバル

過去にゾンビサバイバルシリーズを開発した実績のあるスタジオの最新作!

廃墟、森、砂漠、沼地など、多岐に渡るロケーションでサバイバルを繰り広げる。プレイ時間は20時間以上!

倒したゾンビを“プログラム”するゾンビサバイバル『Welcome to ParadiZe』が2024年2月29日発売決定。『How to Survive』開発スタジオの最新作

キツイ仕事はゾンビにお任せ:ハッキング×基地設営

ゾンビを倒し、ハッキングヘルメットを被せると「ゾンボット」として仲間にできる!

ゾンボットは2体まで連れることができ、行動を細かくプログラミングすることも可能。襲い来るゾンビとの戦闘だけでなく、基地の建設や管理も全部ゾンボットにお任せ!

倒したゾンビを“プログラム”するゾンビサバイバル『Welcome to ParadiZe』が2024年2月29日発売決定。『How to Survive』開発スタジオの最新作

あなたは一人じゃない:協力プレイで“楽しく”サバイバル

オフラインは2人、オンラインは4人までの協力プレイが楽しめる。仲間だけでなく、仲間が連れているゾンボットも加わることで更に強力なチームに!

終末世界でも仲間と過ごせば楽しい!

倒したゾンビを“プログラム”するゾンビサバイバル『Welcome to ParadiZe』が2024年2月29日発売決定。『How to Survive』開発スタジオの最新作
倒したゾンビを“プログラム”するゾンビサバイバル『Welcome to ParadiZe』が2024年2月29日発売決定。『How to Survive』開発スタジオの最新作
倒したゾンビを“プログラム”するゾンビサバイバル『Welcome to ParadiZe』が2024年2月29日発売決定。『How to Survive』開発スタジオの最新作
倒したゾンビを“プログラム”するゾンビサバイバル『Welcome to ParadiZe』が2024年2月29日発売決定。『How to Survive』開発スタジオの最新作

商品概要

  • タイトル:Welcome to ParadiZe (ウェルカム トゥ パラダイズ)
  • 発売日:2024年2月29日
  • 価格:4,500円(税別)
  • ジャンル:アクションRPG / ゾンビサバイバルアクション
  • プレイ人数:オフライン 1~2人 / オンライン 1~4人
  • 対応機種:PlayStation5
  • CERO:審査予定
  • 対応言語:音声:英語 / テキスト:日本語、英語、中国語(簡体字・繁体字)
  • 発売元:株式会社3goo
  • 製品紹介ページ
倒したゾンビを“プログラム”するゾンビサバイバル『Welcome to ParadiZe』が2024年2月29日発売決定。『How to Survive』開発スタジオの最新作

2024年2月29日に、ゾンビサバイバルゲーム「Welcome to ParadiZe」がリリース予定。ゾンビを排除した後、彼らの動きをプログラムし、基地を建設・管理します。

  1. 佐藤健太郎: “このゲームはゾンビファンにとって夢中にさせるポテンシャルがあると思う。ゾンビの行動をプログラムできるなんて、新しい発想だね。”
  2. 田中大輔: “基地を設営して管理する要素があるのが魅力的。ゲーム内でのリーダーシップが問われそうだね。”
  3. 鈴木隆: “ストーリーテリングも楽しみだ。ゾンビの謎を解明するプロセスが、プレイヤーを引き込むこと間違いなし。”
  4. 渡辺直樹: “リアルタイム戦略があるのは好きだ。常に状況に合わせた戦術が必要になるので、飽きないね。”
  5. 高橋智也: “ゾンビのプログラムって、どんなことができるのかな?自分なりの戦術を試すのが楽しみだ。”
  6. 吉田拓也: “2024年2月29日まで待つのがつらい!このゲームがどれだけの影響を与えるか、楽しみにしているよ。”
  7. 中村秀樹: “基地の設営って、建築ゲームの要素も含まれるんだね。建物の配置が生死を左右することになりそうだ。”
  8. 伊藤隼人: “ゾンビとの戦闘のほかにも、基地の運営に注力できるのは面白そう。バランスが難しいけど、やりがいがありそうだね。”
  9. 松本拓海: “ゾンビのプログラムがどこまでカスタマイズできるのか、気になる。自分のプレースタイルに合わせた戦術が立てられるのはいいね。”
  10. 小林剛: “ゾンビアポカリプスの世界観に惹かれる。ゲーム内でどんなサバイバル体験ができるのか、楽しみにしている。”
  11. 木村大地: “このゲームが成功すれば、他のゾンビゲームに新たなアイデアをもたらす可能性があると思う。”
  12. 山田悠太: “リアルタイム戦略ゲームって、戦局が急変する瞬間が楽しいよね。臨機応変の戦術が求められそうだ。”
  13. 岡田慎一: “ゾンビのプログラムを駆使して、ゲーム内での支配力を高めたい。競争が激しくなりそうだけど、その分刺激的だね。”
  14. 藤井誠: “基地の運営って、リーダーシップと資源管理のスキルを磨く機会になりそう。リーダーになりたいと思っている。”
  15. 三浦聡: “ストーリーの要素があるのは魅力的。ゲームの世界に没入して、ゾンビの起源に迫りたい。”
  16. 加藤太一: “リアルタイムでの意思決定が求められるのは面白いね。ミスを許さない緊張感が、ゲームの醍醐味かもしれない。”
  17. 西村裕介: “このゲームは、友達との協力プレイにも向いそう。一緒に基地を築き上げる楽しみがある。”
  18. 菊地拓也: “ゾンビを味方にするアイデアは斬新だね。他のゲームでも応用できる可能性があると思う。”
  19. 宮田直樹: “ゾンビサバイバルゲームのファンは、このゲームに注目していると思う。ゲーム業界に新たな風を吹き込んでくれるかもしれない。”
  20. 竹内和也: “ゲームのテクニックを磨いて、トッププレイヤーになりたいと思う。競争が激化しそうで、楽しみだ。”

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です