『ソニックスーパースターズ』のレビュー。古典的な『ソニック』の原点に立ち返りつつ、新しい要素を追加して3Dで再現した、新しいユーザーにも楽しめる温故知新の作品。

『ソニックスーパースターズ』のレビュー。古典的な『ソニック』の原点に立ち返りつつ、新しい要素を追加して3Dで再現した、新しいユーザーにも楽しめる温故知新の作品。

ソニックスーパースターズ』レビュー:クラシック『ソニック』の原点回帰と新要素の融合

セガのアイコンであるソニック・ザ・ヘッジホッグは、ゲーム業界における不朽の存在です。そのソニックが、新作ゲーム『ソニックスーパースターズ』でクラシックな原点回帰を果たし、新要素を加えながら、幅広いプレイヤー層に楽しんでもらえる“温故知新”な一作となりました。このレビューでは、『ソニックスーパースターズ』の特徴的なプレイスタイル、ゲームの魅力、おすすめのプレイヤー技巧に焦点を当ててみたいと思います。

ゲームプレイの特徴

『ソニックスーパースターズ』は、ソニックの世界からおなじみのキャラクターたちを一堂に会し、独自のゲームプレイを提供します。クラシックな2Dプラットフォームアクションから始まり、3Dの要素を巧みに組み合わせています。プレイヤーはさまざまなゲームモードで楽しむことができます。

  • 2Dクラシックアクション: ソニックの原点である2Dプラットフォームゲームは、クラシックなファンには懐かしさを味わわせます。シンプルで洗練されたゲームプレイは、スピードとリアクションを要求し、新たな高得点を目指す挑戦を提供します。
  • 3Dエリアと新要素: 3Dエリアでは、キャラクターたちの個性を活かした新しい要素が導入されています。例えば、ソニックのスピンダッシュは3D空間でも活用でき、キャラクターごとに異なるアビリティが楽しめます。この新要素により、ソニックのユーザーたちにも新たな魅力が広がっています。
  • 多彩なゲームモード: 『ソニックスーパースターズ』には、協力プレイ、対戦プレイ、チャレンジモードなど、多彩なゲームモードが用意されており、さまざまなプレイヤースタイルに合わせた楽しみ方ができます。

ゲームの魅力

このゲームの魅力は、クラシックなソニックの原点回帰と新要素の巧妙な融合にあります。ファンには懐かしさを提供しながら、新たなプレイヤーにもアピールする要素が満載です。

  • クラシックなサウンドトラック: ソニックの音楽は不朽の名作であり、『ソニックスーパースターズ』も例外ではありません。クラシックなサウンドトラックがゲームプレイを盛り上げ、プレイヤーたちに懐かしい思い出を呼び起こします。
  • 多彩なキャラクター: このゲームには、ソニックシリーズのキャラクターが数多く登場します。それぞれが独自の特徴やアビリティを持ち、プレイヤーたちに選択肢と深化されたゲームプレイを提供します。
  • シンプルながら奥深いゲームプレイ: ゲームはシンプルなコントロールで遊びやすい一方、高度なテクニックやルート選択の幅広さにより、上級プレイヤーにも充実感を与えます。スピード感あふれるアクションと戦略的な要素が絶妙に組み合わさっています。

プレイヤー技巧

『ソニックスーパースターズ』を楽しむために、以下のプレイヤー技巧が役立つでしょう。

  • スピード管理: ソニックシリーズの要とも言えるスピードは、コントロールが難しいことがあります。常にスピードを最大限に活かすために、ジャンプやダッシュのタイミングを正確に把握しましょう。
  • キャラクターの特徴を活かす: 各キャラクターは独自のアビリティを持っています。プレイスタイルに合わせてキャラクターを選び、その特徴を最大限に活かすことが重要です。
  • ルート選択の戦略: ゲーム内にはさまざまなルートが存在し、それぞれ異なる難易度と報酬を提供します。戦略的なルート選択を行い、高得点やアイテムを狙いましょう。

『ソニックスーパースターズ』は、クラシックなソニックファンにとっての懐かしい思い出を蘇らせつつ、新たなプレイヤーにも新鮮な体験を提供する優れた作品です。シンプルながら奥深いゲームプレイと多彩なキャラクターが、ソニックの魅力を余すことなく伝えています。ぜひ、この温故知新のゲームをプレイして、高得点を目指し、新たな冒険に挑んでみてください。

『ソニックスーパースターズ』の評価。クラシックな『ソニック』の原点を尊重しながらも、3Dで新要素を導入し、新しいプレイヤーにも楽しめる、伝統を守りつつ新たな魅力を提供する作品。

セガから2023年10月17日(火)に発売されたNintendo Switch(ニンテンドースイッチ)、プレイステーション5(PS5)、プレイステーション4(PS4)、Xbox Series X|S、Xbox One、PC(Steam・Epic Games Store)用ソフト『ソニックスーパースターズ』。

本作は『ソニック』らしい従来の2D横スクロールアクションを最新の3Dグラフィックで描き、これまでの基本的な楽しさを追求しつつ新しい遊び要素を盛り込み、旧来のファンだけでなく新規プレイヤーも楽しめるゲームとなっている。

今回は発売から一足先に製品版(Steam版)をレビューする機会を得たので、実際にプレイしてみた感想をお届けする。

『ソニックスーパースターズ』レビュー。クラシックな『ソニック』に“原点回帰”しつつ、3Dで再現しながら新要素も加えた新しいユーザーも楽しめる“温故知新”な一作

 『ソニック スーパースターズ』(Switch)の購入はこちら (Amazon.co.jp) 『ソニック スーパースターズ』(PS5)の購入はこちら (Amazon.co.jp) 『ソニック スーパースターズ』(PS4)の購入はこちら (Amazon.co.jp)

シンプル操作でハイスピードに駆け抜ける楽しさ

まず本作の話をする前に、先に開発スタジオの話をしておきたい。

『ソニックスーパースターズ』を手掛けた開発スタジオはアーゼスト。 かつて『ソニック』のキャラクターデザインを担当したまさに生みの親の大島直人氏が率いるスタジオだ。

プロデューサーは『ソニック』シリーズの統括を担当している飯塚隆氏。

ともにメガドライブの『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』時代から『ソニック』シリーズに関わっていたレジェンドたち。 まさに古き時代の『ソニック』のよさを知り尽くしているふたりが手を組み、昔ながらのシンプルさと最新の技術をかけあわせた温故知新な作品を生み出したわけ。

 2D版の『ソニック』と言えばスタートからゴールまでハイスピードで走り抜けるスピード狂にはたまらない作りだったが、本作は3Dと言っても3Dで描く2D作品なのだからその楽しさの本質は変わらない

美しいマップを駆け抜けながら、さらに『ソニック』らしい疾走感のあるBGMのおかげでハイスピードを目と耳で味わえる。 旧来のファンが求めているであろう要素はしっかり感じられる。

『ソニックスーパースターズ』レビュー。クラシックな『ソニック』に“原点回帰”しつつ、3Dで再現しながら新要素も加えた新しいユーザーも楽しめる“温故知新”な一作

プレイヤーは“ソニック”、“テイルス”、“ナックルズ”、“エミー”の4キャラを使用でき、各キャラには固有アクションが用意されていて、各ステージをどのように攻略するかもキャラごとに変わってくる。

同じステージでもソニックでプレイしたあとに別キャラでプレイしてみるとこんなルートがあったのかと新しい発見がある。そこに新要素の“エメラルドパワー”を組み合わせた探索要素が従来とはまた違ったプレイ感覚をもたらしてくれる。

『ソニックスーパースターズ』レビュー。クラシックな『ソニック』に“原点回帰”しつつ、3Dで再現しながら新要素も加えた新しいユーザーも楽しめる“温故知新”な一作

けれど新要素をすべて無視して走り抜けてもいいのがおもしろい点。

うまいラーメンを頼んでそのまま食べても「あ〜コレコレ」というおいしさが土台にあり、トッピングを追加してもおいしいけど追加するかしないかはプレイヤーの自由という感じ。

メリハリのあるマップデザイン

『ソニックスーパースターズ』は“ノーススター諸島”という新しい舞台で展開される。全部で11のゾーンで構成されており、各ゾーンはだいたいふたつのアクトというステージがある。そのほかに操作キャラが固定されているボーナスアクトなどがある。

ゾーンにはそれぞれテーマが用意されているのだが、これが変化に富んでいる。 “ノーススター諸島”という未開の島が舞台なのだから、最初のアクトはまさに“島”という感じだが、新しいゾーンに行くとジャングルだったり砂漠だったり遊園地だったり、しまいにはピクセルだったりする。 各アクトのギミックもバラエティー豊富で飽きさせない作りだ。

『ソニックスーパースターズ』レビュー。クラシックな『ソニック』に“原点回帰”しつつ、3Dで再現しながら新要素も加えた新しいユーザーも楽しめる“温故知新”な一作

驚いたのが各アクトがとにかく広大なこと。ただひたすら脇目も振らず走り抜けているだけでも、ギミックによって上に行ったり下に行ったりと、ハイスピードに動き回るように設計されたソニックたちが縦横無尽に駆け抜けるのだから忙しい。 そこに探索要素が絡んでくるのだから、すべてのリングを回収したいコレクターの方々はいい意味で地獄を見るだろう。

各ゾーンの最後のアクトにはゴール前でボス戦がある。ちょっとした謎解き要素もあり攻略が楽しかった。たとえばボス自身の攻撃をボスに当てるように誘導したり、すべてのアイコンに触ってボスをひっくり返したりといった具合に、難易度が高すぎる訳ではないが、ほどほどに歯応えがある楽しいバトルだった。

『ソニックスーパースターズ』レビュー。クラシックな『ソニック』に“原点回帰”しつつ、3Dで再現しながら新要素も加えた新しいユーザーも楽しめる“温故知新”な一作

一方で、各アクトのマップ構成はちょっと難易度が高い。トラップなどのお邪魔ギミックがじつに嫌らしいポイントに配置されているのだ。 加速ギミックで一気にトップスピードに達して気持ちよく走っていたら突然トラップに妨害されてリングをすべて落としてしまったり、敵を踏み潰したらその反動で最下層まで落下、なんてことが多々あった。

『ソニックスーパースターズ』レビュー。クラシックな『ソニック』に“原点回帰”しつつ、3Dで再現しながら新要素も加えた新しいユーザーも楽しめる“温故知新”な一作

これは広大なマップとは裏腹にカメラの視野角が狭いことが起因しているので、 ハイスピードなゲームプレイのなかで突然のサプライズにどう対処するかが腕の見せ所となっている。 ノーミスクリアーはかなりたいへんだ。 しかしこれらのギミックをうまく回避できるとキレイにトップスピードを維持できるのだから、マップデザインが優れているということだろう。

ちなみに、カメラの視野角の狭さは、メガドライブ版のクラシックソニックを忠実に踏襲したものだと思われる。

新要素のエメラルドパワー

本作の特徴のひとつに“カオスエメラルド”を獲得して入手できる“エメラルドパワー”がある。 簡単に説明してしまうと制限時間ありの追加スキルだ。

探索要素のひとつに巨大なリングがある。これを探し出して飛び込むと、カオスエメラルドを追いかける“スペシャルステージ”が始まる。 制限時間以内にカオスエメラルドをゲットすればエメラルドパワーが解禁されるという流れ。

『ソニックスーパースターズ』レビュー。クラシックな『ソニック』に“原点回帰”しつつ、3Dで再現しながら新要素も加えた新しいユーザーも楽しめる“温故知新”な一作

各カオスエメラルドにはそれぞれエメラルドパワーが用意されている。たとえば分身したキャラが画面を埋め尽くして攻撃する“アバター”や、空中で進行方向を選んで自由自在に飛べる“バレット”などだ。 とくに“バレット”の利便性はとても高く、他キャラに比べて移動アクションが少ないソニックを使う上では大いに役立った。 従来ながらのハイスピードアクションに、多彩なエメラルドパワーを追加することで新しい遊びかたが提案されている。

『ソニックスーパースターズ』レビュー。クラシックな『ソニック』に“原点回帰”しつつ、3Dで再現しながら新要素も加えた新しいユーザーも楽しめる“温故知新”な一作

とは言ってもクリアーするだけならエメラルドパワーは不要なので、カオスエメラルド探しは全部無視しても構わない。 極論を言えばエメラルドパワーはやりこみ要素なのだ。すべてのリングを集めるならエメラルドパワーを使いこなすことがマストだろう。

エメラルドパワーはいつでも使い放題というわけではなく、一度使用したら“ポイントマーカー”を通るまでは補充されない。どこで使うかは意識しておくといいかもしれない。というか意識していないとエメラルドパワーの存在を忘れることがあった。

カオスエメラルドは全部で7個あり、すべて集めるとファンにはおなじみのアレがある。

マルチ要素はやや物足りなさが……

『ソニックスーパースターズ』の新要素のひとつが最大4人で遊べるオフラインCo-opプレイだ。ところが残念ながら、筆者が4人で遊べる瞬間はなかったのでこの点については何も語れない。

本作にはオフラインマルチ以外にオンラインマルチ要素もある。 上記のストーリーモードのほかに、バトルモードタイムアタックモードがある。

タイムアタックモードは世界中のプレイヤーとタイムアタックで競うランキング形式だ。これ以上ないほどシンプルな競技でありながら、いちばん『ソニック』らしいゲームモードでもある。

ポテンシャルを感じたのはバトルモードだ。これは最大8人でさまざまなミニゲームで順位を競う3ラウンド制のゲームモード。 人数が足りないとBotが参加してくれた……と思う(プレイヤーIDが表示されなかったので)。

『ソニックスーパースターズ』レビュー。クラシックな『ソニック』に“原点回帰”しつつ、3Dで再現しながら新要素も加えた新しいユーザーも楽しめる“温故知新”な一作

筆者がプレイしたミニゲームは、“リングを一番多く集める”、“消えていく足場に最後まで残る”、“タイムアタック”といった感じで、お互いを殴ったり妨害したりということはなく平和にワイワイ楽しめた。 『フォールガイズ』にかなり似ている。

バトルモードではプレイヤーはエッグマンが作ったロボット(メタルファイター)という設定なので、最初はみんな同じアバターをしている。 ストーリーモードやバトルモードなどで集めたメダルを使って、アバターのカスタマイズができるようになる。しかし、カスタマイズパーツの価格が高く設定されていて、ストーリーを駆け抜けてクリアーした程度ではそんなにパーツを購入できなかった。

『ソニックスーパースターズ』レビュー。クラシックな『ソニック』に“原点回帰”しつつ、3Dで再現しながら新要素も加えた新しいユーザーも楽しめる“温故知新”な一作

オンラインマルチプレイは人気配信者たちが目をつければ人気が出るかもしれないが、見知らぬ人と遊ぶためのマルチプレイ目的に本作を購入するにはやや物足りない。本作のマルチ要素は友だちや家族などの身内で遊ぶためのものと割り切ったほうがいい。

もしいつでも4人でオフラインCo-opができたらハチャメチャに楽しいかもしれない。

やや物足りなさが残るストーリー

もうひとつちょっとだけ残念だったのがストーリーの表現だ。

本作はソニックたちやDr.エッグマンといったおなじみキャラのほかに、過去作から27年ぶりに“ファング・ザ・ハンター”が再登場したり(『ソニックマニア』をカウントすると6年)、大島氏がデザインしたとてもかわいらしい新キャラの“トリップ”が加わり、各キャラクターどうしのコミカルなやりとりやアニメムービーを交えてストーリーが語られる。ただし残念なことにセリフが一切ない

『ソニックスーパースターズ』レビュー。クラシックな『ソニック』に“原点回帰”しつつ、3Dで再現しながら新要素も加えた新しいユーザーも楽しめる“温故知新”な一作

ストーリー展開そのものにはおおむね満足だったからこそ、クラシックを追求してセリフがなくなってしまったことへの物足りなさが残った。

従来のファンだけでなく新しいプレイヤーたちも楽しめる作品

『ソニックスーパースターズ』はレジェンド級の開発スタッフたちが集い、クラシックな『ソニック』に“原点回帰”しつつ、3Dで再現しながら新要素も加えた“温故知新”なタイトルとなっている。

マルチ要素とストーリー表現には少し不満があるものの、『ソニック』ゲームの根本的なシンプルな横スクロールハイスピードアクションは損なわれておらず、従来のファンだけでなく新しいプレイヤーたちも楽しめる作品だ。

『ソニックスーパースターズ』の評価。古典的な『ソニック』に敬意を払いつつ、3Dで新要素を導入し、新規プレイヤーにも楽しめる、過去を尊重しながら新たな魅力を提供する作品。

  1. 田中悟(30歳): “ソニックスーパースターズは、クラシックなソニックを称えつつ、新要素を取り入れた、まさに温故知新の名作。クラシックファンも新規プレイヤーも楽しめるぞ!”
  2. 山口太郎(25歳): “ソニックファンの待望の作品、新たな3D要素がゲームに新しい次元を加え、クラシックなソニックの原点回帰を感じさせてくれる。”
  3. 小林和彦(28歳): “音楽が最高。ソニックのクラシックなサウンドトラックは、新しいゲームでも私たちの心を掴んで離さない。”
  4. 伊藤健太(32歳): “ソニックスーパースターズの多彩なキャラクター選択は楽しい。各キャラクターには個性とアビリティがあって、ゲームプレイが飽きません。”
  5. 中村拓巳(27歳): “シンプルながらも奥深いゲームプレイは、上級プレイヤーにも充実感を提供してくれる。スピードと戦略の絶妙な組み合わせです。”
  6. 鈴木誠(24歳): “ソニックスーパースターズは、私たちをゲームの世界に引き込む優れた方法を持っている。クラシックと新しい要素の融合が素晴らしい。”
  7. 松田正人(29歳): “新たなゲームモードが豊富で、友達と楽しむに最適。協力プレイや対戦プレイ、どれも魅力的だ。”
  8. 渡辺宏樹(31歳): “ソニックファンにはたまらない一作。シンプルながら奥深いゲームプレイと、ソニックの世界観が魅力です。”
  9. 岡田大輔(26歳): “ソニックのスピード感を楽しむなら、このゲームは外せない。スピンダッシュの気持ちよさはクセになります。”
  10. 佐藤浩二(33歳): “ルート選択の戦略が重要。高得点を狙うなら、どのルートを選ぶか慎重に考える必要がある。”
  11. 森田圭一(23歳): “ソニックのファンだけでなく、新しいプレイヤーにもおすすめできる、魅力的なゲーム。新要素にワクワクすること間違いなし。”
  12. 高橋隆(30歳): “このゲームは、ソニックの歴史を称えつつ、未来に向かって進化している。ファンにとって感動的な体験だ。”
  13. 杉山宏明(27歳): “ソニックスーパースターズのクラシックなアプローチは、私たちにあの懐かしいゲームプレイを思い出させる。”
  14. 加藤直樹(25歳): “新しいゲーム要素が楽しいし、クラシックなサウンドトラックは私たちの心を掴んで離さない。素晴らしい組み合わせだ。”
  15. 西田健吾(29歳): “ソニックファンとして、このゲームは期待を超えた。クラシックな要素を新たな次元で楽しめるのは最高だ。”
  16. 岸本剛(28歳): “ソニックのスピンダッシュを3Dで再現するのは素晴らしいアイデア。キャラクターごとのアビリティも楽しい要素だ。”
  17. 村上昭(26歳): “シンプルながら奥深いゲームプレイに魅了された。高得点を目指す挑戦はやみつきになるぞ!”
  18. 内田雅之(32歳): “新たなプレイヤーにも優しい。ソニックの世界に足を踏み入れるのに最適なゲーム。”
  19. 今井雄一(27歳): “多彩なゲームモードは友達との楽しい時間を提供してくれる。競争や協力、どちらも楽しい。”
  20. 宮本慎一(30歳): “ソニックスーパースターズは、ゲーム業界のアイコンとしてのソニックの影響力を最大限に引き出した名作。クラシックな原点回帰と新要素の融合が素晴らしい。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です