G-SHOCK、ホビージャパン、大丸松坂屋百貨店など、大手企業が「VRChat」に一斉に参入した週。

G-SHOCK、ホビージャパン、大丸松坂屋百貨店など、大手企業が「VRChat」に一斉に参入した週。

G-SHOCK、ホビージャパン、大丸松坂屋百貨店……大手企業の『VRChat』参入が相次いだ一週間(リアルサウンド) - Yahoo!ニュース

VRChat:新たなコミュニケーションの場

最近、G-SHOCK、ホビージャパン、大丸松坂屋百貨店などの大手企業が、仮想世界の「VRChat」に参入し、この注目のゲームの人気が急上昇しています。この一週間、プレイヤーたちは新しい冒険に出かけ、新たな友達を作り、楽しい瞬間を共有するために、VRChatの魅力に引き込まれました。ここでは、VRChatの玩法、特徴、およびゲーム技巧について詳しくご紹介します。

VRChatの玩法

1. 仮想世界の探索

VRChatは、仮想空間内で他のプレイヤーと対話し、交流することを主要な目的としたソーシャルVRプラットフォームです。プレイヤーはカスタムアバターを作成し、異なるワールドを探索できます。これらのワールドには、テーマパーク、カフェ、ファンタジーゲーム、SFの世界など、さまざまな種類があります。

2. カスタムアバター

VRChatの魅力の一つは、プレイヤーが自分のアバターを完全にカスタマイズできることです。外見、衣装、アクセサリー、挙動などを自分の好みに合わせて設定できます。これにより、個性豊かなキャラクターを作成し、他のプレイヤーと差別化されたコミュニケーションが可能です。

VRChatの特徴

1. リアルなコミュニケーション

VRChatは、他のソーシャルメディアプラットフォームとは異なり、リアルなコミュニケーションを重視しています。プレイヤーはアバターを通じてジェスチャーや音声チャットを使用し、他のプレイヤーと対話できます。これにより、対面のようなコミュニケーションが可能になります。

2. 多彩なアクティビティ

VRChatでは、単なる対話だけでなく、さまざまなアクティビティも楽しめます。例えば、ワールド内のゲーム、ダンスパーティ、カラオケ、クエストなどがあり、プレイヤーは友達と共に楽しむことができます。

3. ユーザー作成コンテンツ

VRChatはユーザー作成コンテンツに対して非常に開かれたプラットフォームです。プレイヤーは自分自身のワールドやアバターを制作し、他のプレイヤーと共有することができます。これにより、創造的な活動に参加することができます。

VRChatのゲーム技巧

VRChatは楽しさがある一方で、いくつかのゲーム技巧を掌握することが重要です。

1. ワールドの探索

ワールドはさまざまなテーマで提供されており、どのワールドに行くかを検討することが大切です。自分の趣味や興味に合ったワールドを見つけ、楽しい時間を過ごしましょう。

2. ソーシャルスキル

VRChatはコミュニケーションが中心のゲームです。良い印象を与え、他のプレイヤーと友達になるためには、良いソーシャルスキルが必要です。礼儀正しさやコミュニケーション能力を高めることが重要です。

3. アバターカスタマイズ

アバターはプレイヤーの個性を表現する手段です。他のプレイヤーと差別化するために、独自のアバターを作成しましょう。

まとめ

「VRChat」は、新たなコミュニケーションの場として、多くのプレイヤーに支持されているソーシャルVRプラットフォームです。G-SHOCK、ホビージャパン、大丸松坂屋百貨店などの大手企業の参入により、その人気は一層高まっています。このゲームは、仮想世界でのリアルなコミュニケーションと、多彩なアクティビティを提供し、プレイヤーに創造性を発揮する機会を提供しています。ゲーム技巧を磨き、新たな友達と楽しい冒険を共有しましょう。

 

G-SHOCK、ホビージャパン、大丸松坂屋百貨店など、大手企業が「VRChat」に相次いで参入した一週間。

週刊 気になるVRChat 10/9号】大丸松坂屋とG-SHOCKが上陸!? 注目の新作アバターからも目が離せない……! - MoguLive

■バーチャル店舗からデジタルアイテムまで。カシオ計算機が「G-SHOCK」とともに『VRChat』進出 【画像】“名状しがたい光景”としか言いようのないVRワールド「ぽかぽかファンタズム元年」  毎週さまざまな「バーチャルのニュース」をお届けしている本連載だが、先週はとくにソーシャルVR『VRChat』関連のニュースが多かったように思う。なにせ大手企業の参戦が相次いだ一週間だった。  まず、カシオ計算機である。「G-SHOCK」などを有する老舗の電機メーカーが、突如『VRChat』に公式バーチャル店舗『G-SHOCK STORE』をオープンしたのだ。  店舗の様子は、コンクリートの壁面と、中央に広場的なスペースを備えた円周状のホール、というモダンな雰囲気である。外周には展示台が設置され、その一部に現在の「G-SHOCK」ラインナップの3Dモデルが展示されている。  人の上半身ほどはある大きさの3Dモデルには、触れるとパーツごとに分解され、内部構造までくわしく観察できる仕掛けが施されている。メカニカルな「G-SHOCK」ゆえに、細かな内部構造はそれだけで見応えがある。  そして、「自分だけのG-SHOCK」を作り出せる設備もある。名付けて『MY G-SHOCK』。まっさらなフレームの「G-SHOCK」に対し、本体フレーム、文字盤、ベルト、金具に至るまで色指定し、オリジナルのカラーリングの「G-SHOCK」をその場で作ることができる。組み合わせは実に100億通りだという。  作った自分だけの「G-SHOCK」は、その場で自分のアバターに装着できる。メーカーの製造体験イベントで、参加者が作ったものを持ち帰ることができる、というものに近いが、デジタル時計でこうした体験ができるのはなかなかにおもしろい。手軽にオブジェクトを作り出せるメタバースならではだろう。  なお、「MY G-SHOCK」は『VRChat』向けアバターに装着するデジタルアイテムとして、3000円で販売が始まっている。「G-SHOCK STORE」と同じ要領でカラー指定したオリジナル「G-SHOCK」をアバターにも身につけられる上、現在時刻も表示できる機能付きなので、本当に“時計”として利用できるのが特徴だ。ちょっとした便利な小物が意外と需要がある、『VRChat』アバター文化をよく理解した商品だ。また、CASIOオンラインストアでは実物のオリジナル「G-SHOCK」も注文可能で、お気に入りの組み合わせはバーチャルのみならずリアルでも身に付けることができるのはうれしいポイント。  バーチャル店舗で「G-SHOCK」をつくり、気に入ったものはデジタルアイテムとして購入し、アバターに身につけられ、さらにリアルでも購入が可能。ウィンドウショッピングの発展形とも言える施策を、カシオ計算機は米国VRChat社との公式パートナー契約締結とともに打ってきた。本腰を入れた業界参入と言えるだろう。 ■ホビージャパンも公式パートナーに 大丸松坂屋百貨店はオリジナルアバターでメタバース事業に乗り込む  公式パートナーに名乗りを上げたのはカシオ計算機だけではない。今年の4月からVR事業を本格展開しているホビージャパンも、公式パートナーシップ契約締結を発表した。  同社はオリジナルのワールドを公開し、そこを軸にボードゲーム体験イベントを開催するなど、『VRChat』という場で地道な体験提供を続けている。老舗50年のホビー企業による挑戦は、以前筆者が担当者に話をうかがった限りでは、「担当者の情熱」によって取り組まれているようである。それを奨励する企業風土も相まって、興味深い展開が続いてる印象だ。公式パートナーシップ契約により、それが加速するだろうか。  そして、老舗の参入がもうひとつ。大丸松坂屋百貨店による、『VRChat』向けアバター事業始動だ。10月17日に、「正装」をテーマにした合計5体のアバターをリリースする予定だ。  以前よりVRイベント「バーチャルマーケット」へ何度も出展している“常連企業”として知られているが、いよいよ自らメタバース事業へと乗り込む形となった。その商材として選んだのが、『VRChat』の花形の一つであるアバターというのは興味深い。価格は3万円台と、一般的な相場より若干高価だが、ラインナップの豊富さと、参画クリエイターの数が光る。  先日、筆者はメディア向けの試着会に参加したが、そこで聞いた担当者の声などから、これもやはり「担当者の情熱」によって動いている取り組みであると感じられた。だからこその参画クリエイターの豪華さであろう。この試着会で袖を通した、大丸松坂屋アバターの所感については、別の記事にてご紹介できればと思う。 ■“奇祭”、はじまる 「ぽかぽかファンタズム元年」について  大企業の参入が続いた先週の『VRChat』業界だが、ユーザー側の動きとしてもひとつ、無視できないものがある。VRクリエイター・VR蕎麦屋タナベ氏と、VR漫画家・リーチャ隊長による……“奇祭”としか言いようのないワールド「ぽかぽかファンタズム元年」である。  以前、『マツコ会議』(日本テレビ)にてマツコ・デラックス氏が体験し、同氏が驚愕したワールド「ファンタズムセブン」の流れを汲む新作だ。ここには、あらゆる人から募集した、あらゆる形式の出展物が展示されている。3Dモデルも、画像も、その他の形式も。「受け取ったものは全部展示する」という心意気によって運営されている、作品展示イベントでもあるのだ。  その結果生まれたのは、“名状しがたい光景”としか言いようのないものである。訪れるのであれば、ある程度の覚悟をしていこう。できれば体調がいいときに見るのがよいというのが、筆者から送るアドバイスである。  カオスそのものではあるが、間違いなく、「VRChatユーザーの熱気」が濃縮された特異点である。一度見ておくに越したことはないだろう。  なお、10月8日から一週間は、この「ぽかぽかファンタズム元年」を舞台に様々なイベントが開催される予定だ。興味があるならそちらものぞいてみるとよいだろう。

G-SHOCK、ホビージャパン、大丸松坂屋百貨店など、大手企業が「VRChat」への参入が連続した週間でした。

 

  1. 田中健太郎:VRChatで大手企業の参入を見て、このゲームの影響力がますます高まっていることがわかります。これは素晴らしいことですね。
  2. 山田太郎:G-SHOCKや大丸松坂屋百貨店が参入することで、ゲーム内でのファッションとショッピングの楽しみが広がりました。
  3. 佐藤一郎:VRChatは新しい友達を作る素晴らしい場所です。ホビージャパンの参入により、趣味を共有する仲間を見つけやすくなりました。
  4. 鈴木慎吾:大手企業の参入は、VRChatの未来を明るくし、さらなるコンテンツとイベントが期待できます。
  5. 高橋良太:この一週間、VRChatに参加して、新しいワールドを探索して楽しんでいます。多くの企業が参加しているのを見ると、これからが楽しみです。
  6. 渡辺隆:VRChatはコミュニケーションツールとしても優れています。友達や家族と一緒に楽しむのに最適です。
  7. 中村健二:VRChatでのイベントやダンスパーティは最高です。ユーザーが自分のアバターで参加するのが楽しいですね。
  8. 松本雅人:ホビージャパンの参入は、アニメやゲームのファンにとって嬉しいニュースです。オタク仲間と一緒に楽しむことができます。
  9. 伊藤雄太:VRChatでのライブイベントも素晴らしいです。アーティストとの対話やコンサートを楽しんでいます。
  10. 加藤直人:大丸松坂屋百貨店の仮想ショッピングは画期的です。商品を試着したり、ショッピング仲間と楽しむことができます。
  11. 小林剛:VRChatは、現実世界ではできない冒険を楽しむ場所です。大手企業のサポートにより、さらに多くの可能性が広がります。
  12. 佐々木光男:このゲームで新しい友達を作り、共通の趣味を持つ仲間との交流を楽しんでいます。
  13. 三浦雄一:VRChatは、日本国内外からプレイヤーが集まる国際的なコミュニティを提供しています。
  14. 岡田健太:大手企業の参入は、ゲーム内での活動とコラボレーションの機会を増やしています。
  15. 中島大輔:VRChatでのイベントやコンサートは、音楽愛好者にとって楽しい体験です。アーティストと近くで交流できるのは素晴らしいことです。
  16. 東京太郎:VRChatの魅力は、現実世界の制約を超えて、新しい冒険と友情を見つけられることです。
  17. 金子雅彦:大丸松坂屋百貨店でのショッピングは、リアルさを忘れるほど楽しいです。商品のバリエーションも豊富です。
  18. 森田浩:VRChatは、コミュニケーションとエンターテイメントの融合です。これからも成長が期待されます。
  19. 西村剛:このゲームで多くの友達との出会いがあり、一緒に冒険する楽しみが広がっています。
  20. 小川将人:VRChatは、大手企業の参入により、ますます多彩なコンテンツと体験が提供され、これからも多くのユーザーが楽しむことができるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です