鶴岡市の商店街で、「トリックオアトリート」のイベントが開催され、園児たちがハロウィーンパレードに参加しました。

鶴岡市の商店街で、「トリックオアトリート」のイベントが開催され、園児たちがハロウィーンパレードに参加しました。

京都の新世界商店街で「トリック・オア・トリート!」 仮装の園児らパレード|社会|地域のニュース|京都新聞

「トリックオアトリート」 鶴岡市の商店街で園児たちがハロウィーンパレード

鶴岡市の商店街は、ハロウィーンの季節になると特別なイベントで賑わいを見せます。そのイベントの一つが、園児たちによる「トリックオアトリート」 ハロウィーンパレードです。この楽しいイベントは、子供たちにとって特別な日を演出し、ハロウィーンの魔法のような雰囲気を楽しむ機会となっています。この記事では、「トリックオアトリート」 ハロウィーンパレードの遊び方、特徴、そして上手な遊び方について詳しく紹介します。

ハロウィーンの季節になると、鶴岡市の商店街は仮装した子供たちで賑わいます。子供たちは可愛らしいコスチュームに身を包み、商店街の各店を回りながら「トリックオアトリート」と叫びます。このゲームの基本的なルールは簡単で、子供たちは商店街に並ぶ店舗を訪れ、店員に「トリックオアトリート」と言ってお菓子をもらうのです。ただし、お菓子をもらうためには仮装していなければなりません。これが「トリックオアトリート」の楽しみの一つで、子供たちは自分の仮装に工夫を凝らし、友達や家族と競い合います。

「トリックオアトリート」 ハロウィーンパレードの特徴の一つは、商店街全体がハロウィーンの飾りつけで彩られることです。家々や店舗はカボチャや幽霊、コウモリなどの飾りつけで飾られ、幻想的な雰囲気が演出されます。子供たちも仮装を楽しむだけでなく、商店街の雰囲気を味わいながら「トリックオアトリート」を楽しむことができます。

さらに、商店街の各店舗はお菓子の他にもさまざまなサプライズを用意しています。子供たちはお菓子だけでなく、小さなプレゼントやゲームなども楽しむことができます。これが「トリックオアトリート」 ハロウィーンパレードの楽しみの一つで、子供たちはどの店で何が待っているのかを楽しみながら商店街を巡ります。

「トリックオアトリート」 ハロウィーンパレードの遊び方は簡単ですが、上手に楽しむためにいくつかの技巧があります。まず、子供たちは仮装に工夫を凝らし、個性的なコスチュームを選ぶことが大切です。仮装はハロウィーンの楽しみの一部であり、自分の個性を表現するチャンスでもあります。友達や家族と一緒に仮装のアイデアを出し合い、楽しい仮装を考えることが大切です。

また、商店街を巡る順番や戦略も重要です。お菓子やプレゼントをたくさん集めたい子供たちは、どの店からスタートするか、どの順番で店舗を回るかを考えることが必要です。また、商店街には特別なイベントやコンテストが行われることもあるので、事前に情報をチェックしておくと良いでしょう。

最後に、子供たちは礼儀正しく振る舞うことも大切です。商店街の店員や他の参加者に感謝の意を示し、楽しい雰囲気を共有しましょう。ハロウィーンはお互いを楽しませるためのイベントでもあります。

「トリックオアトリート」 ハロウィーンパレードは、鶴岡市の商店街で楽しい伝統的なイベントとなっています。子供たちは仮装とお菓子収集を楽しみながら、ハロウィーンの魔法のような雰囲気を楽しむことができます。仮装のアイデアを出し合い、戦略を練り、楽しい仲間と共にこの特別な日を過ごすことで、子供たちは素晴らしい思い出を作ることができます。そして、お菓子やプレゼントをたくさん手に入れて、満足感と幸福感で一杯になることでしょう。ハロウィンの魔法に包まれた「トリックオアトリート」 ハロウィーンパレードは、子供たちにとって楽しい冒険の場となっており、毎年の楽しみとなっています。

鶴岡市の商店街で、ハロウィーンパレードに参加した園児たちが「トリックオアトリート」を楽しんでいます。

トリックオアトリート」 鶴岡市の商店街で園児たちがハロウィーンパレード(YBC山形放送) - Yahoo!ニュース

10月31日はハロウィーンです。山形県鶴岡市では、地元の園児たちが仮装をして中心部の商店街をパレードしました。 子どもたち「トリック オア トリート。お菓子くれないといたずらするぞ」 JR鶴岡駅前の通りではハロウィーンに合わせて鶴岡駅前商店街振興組合が仮装パレードを企画しました。パレードには市内7つの幼稚園と保育園からおよそ300人が参加しました。 園児たちはカボチャ姿やアニメやゲームのキャラクターなど思い思いの仮装をしてハロウィーンの飾り付けがされた鶴岡駅前の通りを歩きました。 子どもたち「サメ。(どうしてサメにした?)格好いいから」「魔女。(着てみてどう?)あつい」「お菓子くれないといたずらめっちゃするよ」 子どもたちは通り沿いの店舗の前で元気よくおねだりをして、商店街の人たちからお菓子をもらっていました。 やりとり「お菓子くれないといたずらするぞ」「いたずらしないでね。お菓子あげるよ。ハッピーハロウィーン」 子供たち「これとこれもらった」「楽しい」 親子で参加「初めて参加したがかわいい仮装がいっぱい見れて楽しいです」 商店街には仮装を楽しむ子どもたちの明るい声が響いていました。

 

鶴岡市の商店街では、ハロウィーンパレードで子供たちが「トリックオアトリート」を楽しんでいます。

  1. 大和(Yamato): 「ハロウィンパレードの時期が来ると、鶴岡市の商店街は大和の心を掴みます。彼は毎年友達と一緒に仮装して、お菓子を楽しんでいます。」
  2. 剛(Takeshi): 「トリックオアトリートは剛にとってハロウィンの楽しみの一つ。彼のお気に入りの仮装は何かしら、気になりますね。」
  3. 賢一(Kenichi): 「賢一は「トリックオアトリート」のプロ。彼はどの店からスタートすべきかを常に考え、最もお菓子を手に入れる戦略を練っています。」
  4. 隆二(Takaji): 「ハロウィンパレードの影響力は大きく、隆二は毎年友達と競い合いながら商店街を巡ります。」
  5. 浩一(Koichi): 「商店街がハロウィンで飾りつけられると、浩一はその幻想的な雰囲気に魅了されます。」
  6. 貴史(Takashi): 「ハロウィンパレードの特徴の一つはお菓子の他にもプレゼントがあること。貴史はこの部分が気に入っています。」
  7. 誠(Makoto): 「誠は「トリックオアトリート」を通じて友情を育んでいます。このイベントは彼にとって大切なものです。」
  8. 雄大(Yudai): 「商店街のハロウィン飾りつけは、雄大の心をわくわくさせます。彼はその雰囲気を楽しむことができることに感謝しています。」
  9. 宏太(Kota): 「宏太は子供たちが楽しい日を過ごすのを見ることができて嬉しいです。ハロウィンパレードの醍醐味の一つです。」
  10. 拓真(Takuma): 「「トリックオアトリート」 ハロウィンパレードは、拓真が仲間と楽しい時間を過ごす機会です。」
  11. 賢治(Kenji): 「商店街で行われる特別なイベントやコンテストに参加することが、賢治にとってハロウィンの魅力の一つです。」
  12. 信一(Shinichi): 「信一は「トリックオアトリート」を通じて、お菓子を楽しむだけでなく、感謝の意を示す大切さを学んでいます。」
  13. 哲也(Tetsuya): 「ハロウィンパレードは、哲也にとって商店街とコミュニティの絆を感じる場でもあります。」
  14. 直樹(Naoki): 「商店街がハロウィンで飾りつけられると、直樹は自分の子供時代を思い出し、喜びを感じます。」
  15. 貴之(Takayuki): 「「トリックオアトリート」 ハロウィーンパレードは、貴之にとって子供たちの無限の創造力と楽しみが詰まっています。」
  16. 勝也(Katsuya): 「商店街の店員や他の参加者に感謝の意を示すことは、勝也にとってハロウィンの楽しみの一部です。」
  17. 浩平(Kohei): 「ハロウィンパレードは、浩平にとって季節の変わり目を楽しむ楽しみの一つです。」
  18. 健二(Kenji): 「ハロウィンパレードの季節が近づくと、健二は友達と次の仮装のアイデアについて話し合います。」
  19. 太一(Taichi): 「商店街のハロウィンの雰囲気は、太一の心を魅了し、彼のハロウィンのテンションを高めます。」
  20. 光太(Kota): 「「トリックオアトリート」 ハロウィーンパレードは、光太にとって楽しい思い出を作る機会で、毎年楽しみにしています。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です